家屋の天敵!シロアリ撃退術【駆除業者に依頼したほうが得策】

迷惑動物の被害

アライグマ

法律に則ったやり方で

最近、日本のあちこちで野生化したアライグマが繁殖しているというニュースが流れています。アライグマは日本固有の動物ではなく、ペットとして移入された個体が遺棄された結果、集団を作るようになったのです。アライグマは北米原産の動物ですが、日本の自然環境に適応して個体数を増やしています。その上、人里に近い場所に生息しているので、農作物への被害も甚大となります。また、家の天井裏を塒にされる被害も広がっています。このような迷惑なアライグマは、すぐにでも駆除したいところですが、それには一定の手続きが必要です。アライグマは、特定外来生物であり、鳥獣保護法では狩猟鳥獣に指定されています。この二つの法律があるため、個人が勝手に捕まえることはできません。捕獲や殺処分には自治体の許可が必要となります。そこで、徹底した駆除のためには、プロの駆除業者に依頼することが一番です。ただ、狩猟の許可を取っている業者は少ないので、基本的な駆除は、アライグマの追い出しと侵入経路の封鎖となります。プロの業者に依頼すれば、侵入動物についての調査も行ってくれます。アライグマと思っていた動物が、実はイタチやハクビシンであったという事例も数多くあります。害獣の駆除は、それぞれの動物ごとに異なるので、事前の調査は重要なのです。そして、侵入動物の種類が判明したところで、燻蒸による撃退、侵入経路の完全封鎖を行って駆除を完了させます。丁寧な仕事をしてくれる業者は、更なる被害を起こさないためのアドバイスも行っています。

Copyright© 2018 家屋の天敵!シロアリ撃退術【駆除業者に依頼したほうが得策】 All Rights Reserved.